相続手続のすべて

 

相続手続は,多くの時間や労力が求められます。

  • 戸籍の集め方が分からない
  • どこから手を付けたらよいか分からないので,すべて任せたい
  • 忙しくて,役所や銀行に行く時間もない
  • 実家の名義変更をしたい
  • 連絡の取れない相続人がいて,手続が滞ってしまっている

当事務所では,相続手続のすべてをご依頼いただけます。相続税や行政手続,年金や保険の問題が気になる方でも,税理士や行政書士と連携しつつ手続を進めます。

相続に関するご相談は,ぜひ司法書士にお電話ください。

相続手続の主な流れ

  • (1)遺言の有無・財産の状況を調べる
  • (2)戸籍を集めて相続人を特定する
  • (3)遺産分割について協議する
  • (4)名義変更や預金の解約を行う

これらの流れはあくまで一般的なものです。相続税を念頭に置いたり,借金が多ければ相続放棄を検討したり,年金や生命・死亡保険金の請求についても考えておく必要があるでしょう。

各家庭ごとに内容が異なるので,総合的な視点をもって進めていくことが重要です。この事務所では,最善の方法で解決できるようサポートいたします。

必要な書類について

  • 亡くなった人の「除票」と「戸籍謄本」(出生~死亡まで)
  • 相続人の戸籍謄本
  • 財産の内容が分かる書類(通帳・権利証・車検証など)
  • 不動産の「固定資産評価証明書」(市役所で取ることができます)

面談で詳細を確認した後,追加でご用意いただく書類もあります。

連絡の取れない相続人がいるときは

相続手続に取り掛かり始めたものの,相続人の中に,認知症状の人や長年連絡を取っていない人がいたり,手紙を送っても反応がない人がいたりして進まない―こうした事例はよくあります。

連絡の取れない相続人がいるときは,こちらで調査し連絡を取ることができます。また,行方の分からない相続人がいる場合は,家庭裁判所を通じて「不在者財産管理人」や「失踪宣告」,成年後見制度の利用などを検討できるでしょう。

関連する記事

遺言を書いておきたい: 遺言を書けば,自分の財産をどのように分配するか,前もって決めることができます。書いておくべき事例が,いくつか挙げられています。

成年後見について: 老齢の親のことで困りごとがある場合,成年後見制度の利用を検討できます。

ご自身の将来/老後をお考えなら: 自分が動けなくなったときに,自分や家族が困らないようにしておくための手立てを説明しています。

相続に関する質問

料金はどのくらいかかりますか
相続の場合,面談でお話を伺った後にご説明します。各ご家庭によって内容が異なるためです。
手続の一部分だけお願いすることもできますか
はい,できます。不動産の名義変更だけ依頼したい場合もご相談ください。
遺言が残されている場合,どのように手続すればよいですか
遺言がある場合はそちらが優先されます。亡くなった人の最後の意思表示が重要視されるからです。遺言がみつかったらのページもご参照ください。
借金が残っています(いそうです)。どうしたらよいですか
借金などのマイナス財産も相続の対象となります。相続放棄を検討するとよいかもしれません。期限も決められていますので迅速に処理する必要があります。相続放棄のページをご覧ください。
借金はどのように分配されるのですか
相続人間では自由に分配の割合を決定できますが,債権者に対しては同意を得なければその割合を主張することができません。そうでなければ,相続人全員で責任を負います。
未成年者が相続人なのですが,手続をしても大丈夫でしょうか
未成年者がいる場合,「特別代理人」を選任する必要があります。家庭裁判所に行って特別代理人を選任してもらいます。大抵の場合,法定相続分を確保するよう求められます。特別代理人を選任せずに行われた遺産分割協議は無効ですから,金融機関から財産を引き出したり,不動産の名義変更をしたりすることができません。関連する手続は司法書士が代行できます。