• 親が認知症になり,金銭管理ができているか心配だ
  • 身寄りのない親族の介護をお願いされたが,正直困っている
  • 障害のある子の先々が心配。本人の将来のために,何かできることはないか
  • 施設費用が足りないので,不動産を売却して賄いたい
  • 銀行や不動産業者から「後見人を立ててください」と言われた

成年後見制度とは

成年後見制度とは,判断能力が十分でないために,家計を管理できなかったり病院・施設の契約ができなかったりした場合に,法律面や生活面でご本人を支援する制度のことです。

本人を支援するのは,家庭裁判所から選任された”後見人”です。

後見人は家庭裁判所に対して定期的に管理状況を報告し,適正に管理をするよう努めます。

どんな支援を受けられますか

ご本人に代わって....

  • 財産管理: 家計を適正に管理し,入院・施設費などの支払いをします。
  • 身上監護: ご本人に代わって施設の入所契約をしたり,適切な介護サービスを申し込んだりします。
  • その他: 不動産の管理や売却,不当な契約の取消し,遺産分割協議などを行います。(ただし,家庭裁判所の許可が必要な場合があります)

自分の老後が心配だ...

老後を安心して過ごしたい―ご自身の将来について必要な援助を受けたい方のために,遺言や任意後見制度,死後事務委任契約についてご案内しています。

詳細は,老後を見据えて(終活)のページをご覧ください。

ご相談ください

超高齢化社会を迎えようとしている昨今,成年後見制度に関するご相談が数多く寄せられています。

当事務所では,成年後見制度を通じて100名以上の方々を支援してきました。

制度を利用するとどうなるか,どんな手続や書類が必要か,将来の見通しはどうなるかなど,皆様からのご相談を随時お受けしています。

関連する手続