役員変更する

会社には,代表取締役や監査役など,さまざまな役員が存在します。

  • 代表取締役(社長)を交代したい
  • 新しく役員を加入させたい
  • 役員を辞任したい
  • 役員の一人が亡くなった
  • 役員の住所が移転した
  • 任期が満了したので再任したい

上記に該当する場合,役員変更登記が必要です。任期の計算や機関設計(例:取締役は○名置かなければならない,監査役は廃止できない)など,専門的な知識が要求されることがあります。

役員変更は,ぜひ司法書士にお任せください。

注意!

役員変更は,再任の場合も含め変更してから2週間以内に登記をする義務があります。これを怠ると過料(いわゆる罰金)が課せられることがあります。

過料に関する情報については,会社に「過料決定」が届いたのですがのページをご覧ください。

よくある質問

自分の会社の任期が分からないのですが,どうすればよいですか
会社の定款過去の議事録会社の登記事項証明書をお持ちいただければ,任期を確認することができます。有限会社や合同会社の場合は,原則として任期がありません。
NPO法人や社会福祉法人など,特殊な法人の役員変更もできますか
はい,できます。法人の種類によって異なりますので,一度ご相談ください。