遺言が見つかったら

遺言が見つかった場合,勝手に開封してはなりません。場合によっては「検認」と呼ばれる手続が必要です。遺言は亡くなった方の大切な意思表示であり,相続人の意向よりも優先されます。

遺言について不明な点があるときは,司法書士にご相談ください。

遺言に関係する手続

検認

「検認(けんにん)」とは,家庭裁判所が行う遺言書の保全手続のことです。家庭裁判所がその存在と内容を確認します。内容の正しさや効力を判断するわけではなく,改ざんされた疑いの余地をなくす手続の一種です。公正証書遺言の場合,検認は必要ありません。

検認手続についても,司法書士にご依頼いただけます。

遺言の検索

遺言が残されているかどうかは,公証役場に行って確認することができます。ただし,公正証書遺言(公証役場で作成した遺言)の場合に限られ,平成以降のものが対象です。それ以外の遺言については,遺品の中から探すしかありません。

遺言の検索についても,ご相談いただけます。

注意点

勝手に開封しない!
遺言書が封印されていた場合,絶対に開封してはなりません。開封は家庭裁判所の手続の中でしなければならないとされているからです。開封してしまうと過料(5万円以下の罰金)に処されることがあります。
破いたり捨てたり書き換えたりしない!
遺言がどんな内容であれ,破いたり捨てたり書き換えたりしてはなりません。相続人としての資格を失い,財産を相続できなくなってしまいます。

よくある質問

遺言によると遺産をもらえるようですが,放棄(拒否)できるのでしょうか
はい,できます。ただし,期限がありますのでお早めにご相談ください。
勝手に開封してしまいました。遺言は無効になってしまうのですか
いいえ。無効にはなりませんが,過料(罰金)に処されることがあります。
「遺言執行者」になっているのですが,どういうことですか
遺言執行者には,遺言の内容を実現する権限や責任が与えられています。手続が難しい場合や時間が取れない場合,司法書士がお力になれます。

関連する記事

遺言を書いておきたい: 自分が遺言を残しておきたい場合は,こちらをご参照ください。