相続放棄

遺産を相続するとは,預貯金などの「プラス財産」だけでなく,負債などの「マイナス財産」をも引き継ぐことを意味します。

  • 亡くなった親族が,住宅ローンや多額の借金を抱えていた
  • 亡くなった人宛ての督促状が来た
  • だれかの保証人になっていたようだ
  • 借金があるかどうかも分からない

これらに該当する場合,相続放棄を検討するとよいかもしれません。相続放棄は家庭裁判所を通じて行う手続であり,期限(締切)が定められています。また放棄後に起こりうるトラブルも想定しなければなりません。

相続放棄に関する手続は,司法書士にご相談ください。

相続放棄とは

相続放棄とは,相続人としての資格を放棄することを言います。相続放棄をすると,借金を負わなくて済む反面,預貯金や不動産などプラスの財産も手放すことになります。

注意点

手続は家庭裁判所で
相続放棄は家庭裁判所に申述して行います。実印を用いたとしても,私文書で行うことはできません。
期限があります
相続放棄は,亡くなったことを知ってから3か月内に申述する必要があります。期限以内に判断するのが難しい場合は延長も検討できるでしょう。詳細は司法書士にご相談ください。
お金を引き出してはなりません
相続放棄を検討している場合,亡くなった人の預金や財産は決して移動させないでください。たとえ葬儀のためであっても,預金を引き出してしまうと相続放棄ができなくなる可能性が高くなります。
他の相続人の負担が増大します
あなたが相続放棄をすると,他の相続人の負担分が増えたり,これまで相続人でなかった人が相続人になって負債を引き継ぐことになります。たとえば,子全員が相続放棄をすると,亡くなった方のご両親またはご兄弟(甥姪)が負債を負います。これらは後々トラブルに発展しますので,必ず専門家とともに手続を進めてください。

よくある質問

負債があるかどうかはどうすれば分かりますか
亡くなった方宛ての郵便物や遺品を調べる必要があります。よく分からない場合にはその旨を家庭裁判所に申し出て,期限を猶予してもらったり,限定承認を検討したりできるかもしれません。詳細は司法書士にご相談ください。
借金といっても住宅ローンだけです。それでも相続放棄して家を立ち退かなければならないのでしょうか
住宅ローンがある場合,大抵は「団体信用生命保険」に加入しているはずです。この保険を利用すれば住宅ローンは保険金の中から完済できるので,立ち退かずに済みます。すぐに金融機関に確認なさってください。保険に加入していない場合は,引き続き住宅ローンを支払う必要があります。