会社に「過料決定」が届いたのですが

あなたが会社の代表者で,会社の登記を長らく放置していた場合,裁判所から「会社法違反事件 過料決定」という通知が届くことがあります。

これは決して詐欺なのではありません。あなたが代表取締役として会社の登記をする義務を怠り制裁(罰金)を受けたことを知らせる書類です。

過料決定

会社法には,会社の登記事項に記載されている内容に変更があった場合は,原則として2週間以内に変更登記をする義務が定められています。

会社の役員の任期は最長10年なので,少なくとも10年に1回は登記をする機会があるはずです。当局では,一番最後に登記したときから10年以上経過すると登記を怠っているものと判断するので,過料の対象となってしまうのです。

過料決定の通知が届いたということは法律違反があったことを意味しています。速やかに是正しましょう。

上記の件でお困りの方は,ぜひ司法書士にご相談ください。

どんな手続が必要ですか

(1)すべきであった登記を申請します:役員の任期が満了しているのに放置していたのであれば、原則として役員変更登記を申請しなければなりません。場合によってはそれ以外の登記も求められるかもしれません。正しい登記に修正できるよう司法書士が支援いたします。

(2)過料を納付します:通知から2か月ほど経つと、検察庁から納付告知が送られてきます。すみやかに納付してください。

よくある質問

異議申立はできますか
はい。「過料決定」に書かれている「理由」が事実と異なっているなら異議が認められます(ただし通知から1週間以内)。一方,ついつい忘れていた・こんな手続を知らなかった・法務局から教えてもらえなかった・事前に知らせてもらえなかった等の理由は認められません。
過料はどのようにして決まるのですか
明確な基準は明らかにされていませんが、次のような例があります。
  7年放置で9万円,1年放置で3万円
登記の内容によって差があるようです。最大100万円の過料が科されますが、これほどの額になることはほぼありません。
過料のほかにも制裁が加えられてしまうのですか
いいえ。過料は秩序罰です。法令上の秩序に違反したことへの制裁ですから、過料を遅滞なく納付し、すべきであった登記を申請すれば事件は終わります。

関連する手続