有限会社から株式会社に移行する

平成18年5月の法改正以降,有限会社は株式会社として扱われることになりました。今後は有限会社を新たに設立したり,会社を有限会社に変更したりすることができなくなります。

現在の法律では,今ある有限会社を”株式会社”へ移行できる制度が認められています。株主総会を開くほか,登記を行うことで移行できます。

移行をお考えなら,司法書士にご相談ください。

移行するメリット・デメリット

メリット: 一般的に金融機関等からの信用が高まる(毎年決算公告するため。監査機関を設置できるため)。会社の規模を大きくするための選択肢が広がる

デメリット: 数年ごとに役員を改選しなければならない。移行後は有限会社に戻せない

よくある質問

わたしの会社は有限会社です。何か手続をしないと会社がなくなってしまうのですか
いいえ。これまでと同様有限会社として存続できますので,心配の必要はありません。あくまで法律上株式会社(特例有限会社)として扱われるだけであり,引き続き有限会社として事業を行うことができます。
有限会社と株式会社はどこが違うのですか
役員の任期: 有限会社の場合,原則として任期に制限はありません。一方,株式会社の場合は必ず任期が設けられています。
決算公告の義務: 決算報告はどちらも必要ですが,有限会社の場合,公告までは求められません。